社会に出たときに困らないために

コミュニケ―ション力は、社会に出た場合になければ必ず苦労するものである。コミュニケーション能力は上司や同僚と良好な関係を築いたり、仕事を円滑に進めるためには非常に大切な力だからである。これがなくて、会社で一人浮いてしまったり、思わぬミスを犯してしまう場合もあるだろう。では一体いつコミュニケーション力を身につければよいのか。それは在学中である。大学などにいるときに多くの人と接することによって、初対面の人とでも早く打ち解けられるようになったり、よりよい関係を築きやすくなる。ではそれどのような場所で行うことができるのか。第一はサークルである。サークルでは自分と同じ趣味の人間や、似通った人間と話すことができるため、慣れた人とより良い関係を築くためのコミュニケーション力を身につけることができる。もう一つはバイトである。バイト先には同年代の人だけではなく、年上や年下など幅広い年齢層の方がいる。そのため、その年齢層に合った会話の方法を身につけることができる。これがあると、就職した場合に上司との円滑な人間関係を築きやすくなることが期待できる。このようにコミュニケーション力を身につけるためにはいろいろな方法があり、それを学生のうちに行っておくことは、社会の一員になった時に大きく役立つことは間違いない。就活のために勉強だけでなく、コミュニケーション能力を養うということを学生生活の中で行ってみてはいかがだろうか。バイトの職業もいろいろあるが、接客業を経験すると、人への気遣い方や人の表情を読む練習になるので、人付き合いが上手くなると言われている。このことから、まずはコミュニケーション能力を鍛える為に接客業のバイトをやってみるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です